地デジアンテナの工事の内容

まず、アンテナには2つの種類があります。地デジを視聴するUHFアンテナとBS/CSを視聴するためのパラボラアンテナです。UHFアンテナは、とげとげしていてシャープな形をしており、BS/CSのパラボラアンテナはお皿のような平べったく丸い形をしています。

地デジの電波の流れは、地デジ電波塔からUHFアンテナを通り、テレビに映します。BS/CSは、衛生アンテナからパラボラアンテナを通りテレビに映す流れです。BS/CSは有料チャンネルも多いので設置するかは見たい番組があるかで決めるといいでしょう。

ビルが多い都会では特に、周りに高いビルや障壁があると電波の受信が悪いので、まず最初にどの場所、どの向きが電波がよく入るのかをチェックする必要があります。これは素人にはかなり難しい。周りの家のアンテナを見て、向きを研究するか、自分の家から一番近い電波塔を探すぐらいしか方法はありません。

やはり、業者にお願いして、専門のしっかりした機械で電波がよく通じる場所を向きをチェックしてもらい、最適なアンテナを選定してもらう必要があります。そして、設置する場所は、屋根かベランダか壁から選びます。お勧めの場所を教えてもらえるので、大家さんに穴をあけてよいかなど確認するなどしてから設置すると良いでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket