設置業者の選び方と相場

地デジアンテナの費用で多くの人が驚きます。それは、アンテナ自体の値段は1万円ほどとそんなに高くないのに設置費用を含めると10万円近くになることもありとても高いということです。その理由は、アンテナ設置後に複数台のテレビにそのアンテナからケーブルやブースター、分配器を用いて家じゅうにある複数のテレビに地デジを映せるようにする必要があるからです。

設置業者の選び方ですが、まずは見積もりが無料の会社がたくさんあるので複数で見積もりを取り、だいたいの予算を確認しましょう。専門の業者もありますし、家電量販店で購入すると取り付け工事の業者を紹介してもらえることもあります。

ただ、家電量販店が紹介する業者は、アンテナ工事のプロではなくエアコンや洗濯機などオールラウンダーな会社が多くプロには劣ってしまいます。やはり専門業者に依頼するのが一番でしょう。

もちろん、自分で設置すればアンテナの代金だけで済むので費用もぐんと抑えられますが、設置場所が危険なことや、しっかりと固定しないと台風や突風に耐えられず歩行者を危険な目に合わせる可能性もあることからあまりお勧めできません。業者にお願いした方が、アフターサービスもあり安心ですよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

地デジアンテナの工事の内容

まず、アンテナには2つの種類があります。地デジを視聴するUHFアンテナとBS/CSを視聴するためのパラボラアンテナです。UHFアンテナは、とげとげしていてシャープな形をしており、BS/CSのパラボラアンテナはお皿のような平べったく丸い形をしています。

地デジの電波の流れは、地デジ電波塔からUHFアンテナを通り、テレビに映します。BS/CSは、衛生アンテナからパラボラアンテナを通りテレビに映す流れです。BS/CSは有料チャンネルも多いので設置するかは見たい番組があるかで決めるといいでしょう。

ビルが多い都会では特に、周りに高いビルや障壁があると電波の受信が悪いので、まず最初にどの場所、どの向きが電波がよく入るのかをチェックする必要があります。これは素人にはかなり難しい。周りの家のアンテナを見て、向きを研究するか、自分の家から一番近い電波塔を探すぐらいしか方法はありません。

やはり、業者にお願いして、専門のしっかりした機械で電波がよく通じる場所を向きをチェックしてもらい、最適なアンテナを選定してもらう必要があります。そして、設置する場所は、屋根かベランダか壁から選びます。お勧めの場所を教えてもらえるので、大家さんに穴をあけてよいかなど確認するなどしてから設置すると良いでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

地デジアンテナって何?

そもそも地デジとは何かから詳しく説明します。地デジとは、「地上デジタルテレビ放送」の略称で、地上のアンテナからデジタル信号を使ってデータをやり取りしテレビに画像を映し出す方法を用いたテレビのことです。それまでのアナログ放送と違い、超高画質になるというメリットがあります。芸能人の特に女性の方は毛穴まで見えちゃう!!ということでメイクなど大変みたいですが、それは別の話ですね。

高画質になる以外にも、ボタンでクイズに参加できたり、2つのテレビ番組を、テレビ画面を2つに分割して同時にみることだってできます。さらに、テレビ番組表が1週間後までチェックでき、そこから録画予約もできるようになりました。

これはリアルタイムでやり取りされているので、野球などで次のドラマ開始の時間が変更になったら、自然と録画時間もずれ、結末が録画されていない!!といった悲しいことも起こらなくなりました。私はこれが一番うれしかった!!

その他にも、自分の住んでいる地域の天気がいつでも見られるなどインターネットのような機能も搭載されています。ただ、1つテレビを購入後にやらなくてはいけないことが増えました。それは地デジアンテナの設置です。地デジアンテナの工事は、あまり方法も知られていないためほとんどの場合業者にお願いすることになります。ここでは、地デジアンテナの工事を業者に依頼する時、業者選びのポイントとなるいくつかの点をご紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket